トップページ | 2004年4月 »

水曜日, 3月 31, 2004

はじめまして

こんにちは。
エコガイア 健康トラベラーの多田福太朗です。

僕は明日4月1日~社会人となります。
恐らく、「社会の荒波」にもまれるのでしょう。
しかし、どんな事があっても『自分』というモノを見つめ
『自分』という存在価値を意識していたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

多田福太朗ことふくちゃんのブログと名刺とホームページを総合プロデュースした自分スタイルデザイナーの大野圭司です。

top_img_eco-gaia.jpg

みなさん、はじめまして。
大野圭司です。

このたび、多田福太朗くんの週末起業への道と題し、総合的な
プロデュースをさせて頂いています。

もし、大野の仕事にご関心ある方は、ohno@dream-kids.netまでご連絡ください〜

また、遊びにきますね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜日, 3月 17, 2004

☆世界初LOHAS(ロハス)な生き方、LOHAS(ロハス)なグルメ、自分エコプロジェクトをblog(ブログ)で提案!!☆ ~世界初の個人の健康と地球にやさしい『グルメ』ブログ~

多田 福太朗は
「スロー」の1歩先にある
LOHAS(ロハス)な生き方、LOHAS(ロハス)なグルメ、自分エコプロジェクトを提案中!

top_img_eco-gaia.jpg

LOHASとは
Lifestyles Of Heath And Sustainability(健康で持続可能なライフスタイル)の略。
自分や家族の健康、地球環境を最優先し、持続可能な社会のあり方を考慮したライフスタイルです。

コレをわかりやすく言うと・・・

「今日も生きてて楽しいなあってハラの底から『じーん』と思えるライフスタイル」ですね。

『LOHASなグルメ』とは
自分や家族の健康と地球に気遣う美食家です。

つまり、
「何でもかんでも『ヘルシー、ヘルシー』と言うけれど
結局、何を喰ったら一番ええねん?」にお答えします。


「エコロジー」と言うと
ゴミの分別とか、植林とかリサイクルという言葉を思い浮かべますよね?
でも、僕たちの周りには『もっと』身近なものがあるんです。
それは1日3回の食事です。

目の前にある自分の好きな食材が
子供・孫の時代を超えて、
将来持続的に運ばれてくるにはどうしたらいいのか?
食材が育んできた貴重な環境が、
それを生産する事で決定的なダメージを受けないように、
その食材が取られる動物が、人間のエゴによってひどい扱いを受けないように、
それを作る人が常に正しい社会的評価を受けるように、
正しい報酬を受けるように、
誇りをもって生産していけるように。

僕は、こんな事に配慮できる『グルメ、美食家』を
世の中に広めたいんです。
あなたも、そんな『LOHASなグルメ』の一人になってみませんか?

そして、あなたの周りのご友人・知人に
『LOHASなグルメ』を伝えてみませんか?

こんな考えに共感を持てる方、
GREEを使って『LOHASなグルメ』ネットワークを作りましょう!!

http://n.gree.jp/?mode=profile&act=look&user_hash=ad06db8f13a188b2504cb2c02d8e44454717bb69

<「スローフード」と「LOHASなグルメ」の違いは?>

「スローフード」という言葉、TV番組やCM、雑誌の記事・広告で
よく耳、目にする言葉ですよね?
でも、僕はこう思うんです。
「スローフード」という好印象の言葉を巧みに使っているって。
それに、「スローフード」「伝統食」「地産地消」の中でも、
身体にとっていいモノ、残していきたいモノ、先人から習うべきモノ、情報と
そうでないものがあると思うんです。

例えば、僕の地元にある和菓子屋さんの大福。
地元の方々(年輩の方)からは『この甘さが伝統の味』と親しまれている。
ひょっとするとコレは「スローフード」になるのかもしれない。

唯、栄養学的に見ると
過剰な甘さ(砂糖)は糖尿病、低血糖症を
始めとした成人病の要因の一つと言う事は明白。

だから僕はスローフードの中でも
栄養学的に『身体にいいもの』を『LOHASなグルメ』と定義したい。

また、「栄養学的・・・」と言っても
現代社会は衣食住すべての面において化学合成品で溢れている。
だから現実的には、全面的排斥は不可能に近い。
問題は食品、サプリメント、水等を
どのレベルで妥協するか?も
模索しないといけないですよね。

<参考>
LOHAS 5つのカテゴリー

 (1)持続可能な経済(再生可能エネルギー、グリーンな都市計画や社会的責任投資など)
 (2)健康系ライフスタイル(有機食品やサプリメントなど)
 (3)代替医療(自然療法、はり治療、補助医薬など)
 (4)自己啓発(ヨガ、様々なワークショップ)
 (5)エコロジカル・ライフスタイル(環境に配慮した家・オフィス用品、エコツーリズムなど)


| | コメント (4) | トラックバック (12)

トップページ | 2004年4月 »