« 「自分らしさ」 「多田福太朗らしさ」~新入社員の週末起業~ つづき | トップページ | 代々木公園で2004年度も開催 「アースガーデン」 »

日曜日, 5月 30, 2004

学生団体ビジネスサークルAIM(エイム)主催 「逆求人フェア」 自ら考え行動する仲間が集う マスコミも注目する斬新さ 「就職難」を感じさせない 新しい就職活動 

「逆求人」って言葉を聞いた事ありますか?

初めて聞いた方は「何だ!?それ?」って思われているでしょうか?

「逆求人」を一言で表現すると「合同企業説明会の逆バージョン」です。
つまり、ブースに座ってプレゼンをするのは学生であり、
会場をグルグルと周るのは企業の人事の方という構図です。

学生のプレゼン内容は基本的に自由!
何をやってもOK!
ただし、それが「自分」を表現されていなければなりませんが。

何故、逆求人を行うのか?
それは企業側の採用活動では
どうしても学生は企業が求める自己PR、志望動機を連ねてしまい
『本当』の自分を表現しきれず、言えずに終わってしまうケースが
どうしても多くなってしまいます。

現在の大学生の就職率って聞いた事ありますか?

各リサーチ会社によってかなりの違いがあるのですが・・・
約73%というデータや50%前後というデータが出ています。

その理由を説明すると長くなるのですが
簡単にいってしまうと各大学の就職課によって
就職活動をしている学生数の「定義」が違うという事です。
(例えば公務員試験を受ける学生は除くとか)

話がそれましたが、
就職率を仮に73%として(4人に1人が就職せず)
このうちの約30%が3年以内に離職しているという社会問題が
今、日本に起こっているのです。

つまり、先ほど説明した企業が求める人物像を創りだしているのです。

そこで登場するのが「逆求人」という考え方のイベント。
ビジネスサークルAIM(エイム)が主催する「逆求人フェア」は
「人が活き活きと働ける社会を創ろう!」をモットーに開催しています。

僕は2003年2月に開催された際は
「参加学生の一人」としてプレゼンをしました。
そして、大学卒業を間近にした2004年2月は
「イベント主催者の一人」として携わりました。

何故携わったか?
それは「学生側の時、逆求人を通じて成長し、このイベント偉大さ」を感じた一人だからです。
社会問題ももちろん大事ですが、
「自分をPRする機会」ってなかなか無いですよね?

「自分の値打ちってどれ位あるんだろう?」って思った事ありませんか?
ここの会場では
『自分の夢』『やりたい仕事』『特技』等を説明するのに
何を使ってもいいんです。
何を言ってもいいんです。

だって「逆求人」ですから。
自分が本気で思っている事を好きに話して
それを企業側が好んでくれるかどうか?
仮に目の前にいる企業が、好んでくれなくても
この会場に来られている企業が自分の事を
「おもしろい!」
「変わった事を言う奴だ!」って思ってくれるかもしれない。

つまり、「ありきたりの事」を言っていては自己PRにはならないですよね。
だからおもしろいんです。
変わった学生が集う場に、
採用活動に「閉塞感」を感じている企業が参加するのです。

そしてマスコミも注目し始めているのです。
今回のイベントに
AERA、読売新聞、NHKに取り上げて頂きました。
そしてWEBでも出ています。
http://job.yomiuri.co.jp/special/20040225101439.htm 

逆求人に参加する学生は「主体的で積極的、そして自分に自信のある学生」です。
そんな学生たちに出会うために企業が参加する。

こんな就職活動が10年後、主流になると思っています。

ビジネスサークルAIM(エイム)WEB:
http://aimaim.at.infoseek.co.jp/ 

|

« 「自分らしさ」 「多田福太朗らしさ」~新入社員の週末起業~ つづき | トップページ | 代々木公園で2004年度も開催 「アースガーデン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/678010

この記事へのトラックバック一覧です: 学生団体ビジネスサークルAIM(エイム)主催 「逆求人フェア」 自ら考え行動する仲間が集う マスコミも注目する斬新さ 「就職難」を感じさせない 新しい就職活動 :

« 「自分らしさ」 「多田福太朗らしさ」~新入社員の週末起業~ つづき | トップページ | 代々木公園で2004年度も開催 「アースガーデン」 »