« 真夜中の歌舞伎町で偶然の再会 | トップページ | ディスカバリーチャンネル ドリームプロジェクト2004 »

日曜日, 5月 16, 2004

小室淑恵さんがティーチングする小室ファミリー6期 第3回プレゼン

久しぶりに小室ファミリー
http://komuro.normalization-net.com/
に参加してきました。
たぶん、1月17日以来かな?

その前に簡単に小室ファミリーについて説明しなければ
いけませんね。
小室ファミリーとは・・・
音楽プロディユーサー「小室哲也」氏らの事を指してはいません。

僕にとっての小室ファミリーは

僕にとっての
小室ファミリーは
小室淑恵さんのプレゼン勉強会です。
勉強会といっても、集った仲間達の中で自らテーマを選び、
そのテーマについてプレゼンし、その内容・表現方法を
小室さんにアドバイスを頂きながら磨いていく、自主的な勉強会です。

また、自分の関心や問題意識に基づいてプロジェクトを企画し、仲間を集め、
実際に実行することで、分野の知識と経験を深めるのはもちろん、
想いを形にして実践する企画力や、社会人として必要不可欠な
プレゼンテーション能力を高めていく、新しい形の「学びの場」として
過去3年間で100人以上の学生が関わっています。

僕は昨年、「5期生」として参加し
ほぼ一年前にプレゼンをしました。
そして・・・
おもいっきりの『ダメ出し』!
木っ端微塵に粉砕されました。(笑)
それから約1年ぶりのプレゼン。

決してダメ出しが嫌で
逃げていた訳ではないですよ!!(笑)

今回の目的は
明日、消印有効で提出する
『ディスカバリーチャンネルの
ドリームプロジェクト2004』
http://japan.discovery.com/dream2004/index.html
の企画書プレゼン。

今日の小室ファミリーで企画書の内容(エコガイア)
についてプレゼンし、
徹夜でブラッシュアップして
明日、提出しよう!
そんな目論見です。

さて、結果は・・・

「福ちゃん、成長したねぇー。
サハラ砂漠で考え込んできたのがよかったのかしら(笑)
まだまだ修正箇所はたくさんあるけれど
今日のプレゼンの中に幾つもヒントがあったよね。
『個人の健康と地球環境がリンクしているところ』なんて
雑誌等では余り指摘されていない分野だしね。」と

自分自身も
「オレ、コレはやりたい!言いたい!」って所と
「オレ、こんな事がやりたかったんだっけ?」って
思ってしまう所と幾つかあった点に気がついた。

企画書の中に
「あれも伝えたい!
コレも伝えたい!」って
欲張ってみたものの
実際に本当に伝えたいこと、やりたい事って
少ないのかも。

高校へ入学した頃から
「起業家」を意識し始めた。

1年半前の大学3年の12月に
「社会起業家=ソーシャルアントレプレナー」に
憧れていた。

1年前、就職活動で「内定」が幾つも出たから
とりあえず終え?
バイトを開始し夏休みに海外旅行へ出かけた。

そして、半年前の昨年の11月頃に再び「起業」を意識。
今年1月~エコガイアのWEB立ち上げに向けて
始動した。

そして現在、週末起業というスタンスながら
「ソーシャルアントレプレナー」に
一歩一歩近づきつつある。

将来も『自分が自分らしくあり続ける』ために
『今』を大事に考え、行動したい。

最後に小室淑恵さんのご紹介です。

小室淑恵さんとは、
資生堂の経営企画・経営改革を進める傍ら、女性が働きやすい
社会を実現するために、インターネットを利用した新規事業サービス
(wiwiw)を自ら立ち上げ、社内起業家として日々奮闘している。

また社内起業家・女性事業家としても社会から注目を集め、
日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004キャリアクリエイト部門5位に
選ばれるなど、活躍を続けている。

近日中に「小室ファミリーとの出会い」を
書きます。

|

« 真夜中の歌舞伎町で偶然の再会 | トップページ | ディスカバリーチャンネル ドリームプロジェクト2004 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/622733

この記事へのトラックバック一覧です: 小室淑恵さんがティーチングする小室ファミリー6期 第3回プレゼン:

« 真夜中の歌舞伎町で偶然の再会 | トップページ | ディスカバリーチャンネル ドリームプロジェクト2004 »