« 「バランスのいい食事」って何だろう? PFCバランスと自分エコプロジェクトの薦め | トップページ | 遺伝子組み換え食品で食料不足問題は解消? »

月曜日, 6月 07, 2004

保存料が入った食品ってどうしていけないの? LOHASな食べ物 地産地消 スローフードの薦め

「保存料の入った食品は身体に良くない!」って言いますが
何がいけないのか?聞いた事、ありますか?

商品ラベルを見ると
「酸味料」「着色料」「保存料」という名称を見かけます。
さて、これらの何がいけないのか?聞いた事、ありますか?

これらは単体、『一つ一つ』で使用した場合、
「人体に影響が無い!」という実験結果が出ているので
食料品に含めて販売されているんです。

しかし、ここで大事なのは
『一つ一つ』という条件がある点です。
おかしな事に「食品に含めて販売される時、『一種類』だけ販売される事は無い」んです。
先ほど見たように
多種類の「化学物質」が使われていますよね。
これら『多種類』で使用された時に
人体にどのような影響が出るか?は実験されていないんです。

だから危険なんです。
栄養生理学の本を開いて頂ければおわかりになるのですが
人体に関して
食べた食品AとBがあったとして
それが体内では
「A+B=C」になるとは必ずしも言えないんです。

体内の酵素等によって「複雑な化学変化」が起こるんですね。
ハッキリ言ってしまえば
体内でどんな化学変化が起こっているか?は
全て解明されているわけではないんです。
多くが『推論』の域にあると思っていいかもしれません。

だからこそ、人工甘味料や保存料を
始めとした化学物質を体内に
むやみに入れてしまう事は危険なんです。

解明されていないのですから。

同様な理由で医療品をむやみに飲むのも
危険なんです。
「副作用」があるからです。

|

« 「バランスのいい食事」って何だろう? PFCバランスと自分エコプロジェクトの薦め | トップページ | 遺伝子組み換え食品で食料不足問題は解消? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/724859

この記事へのトラックバック一覧です: 保存料が入った食品ってどうしていけないの? LOHASな食べ物 地産地消 スローフードの薦め:

« 「バランスのいい食事」って何だろう? PFCバランスと自分エコプロジェクトの薦め | トップページ | 遺伝子組み換え食品で食料不足問題は解消? »