« 巷に溢れる肉料理 肉料理って本当においしいですか? それでも肉を食べるならブランド肉を | トップページ | 保存料が入った食品ってどうしていけないの? LOHASな食べ物 地産地消 スローフードの薦め »

日曜日, 6月 06, 2004

「バランスのいい食事」って何だろう? PFCバランスと自分エコプロジェクトの薦め

「バランスのいい食事」
このフレーズ、よく聞きますよね?

でも、ここでちょっと考えてみて下さい。
「バランスのいい食事」って、言葉の響きはいいけれど
「何の」バランスがいいの?
栄養分?
カロリー?

そこで、メニューを見てみると
トースト2枚(精製した炭水化物)
目玉焼き(タンパク質)
目玉焼きに使った油、
トーストにぬったマーガリン(脂質)、ジャム(精製した炭水化物)
サラダ(複合炭水化物)
コーヒー(精製した炭水化物とカフェイン)

僕はPFCバランスを基に考えます。

PFCバランスとは
総摂取カロリーに対して
複合炭水化物を65~80%
精製した炭水化物を0~10%
タンパク質を10~15%
脂質を10~20%という
栄養学の考え方です。

すると、PFCバランスで見てみると
これらは「バランスのいい食事」に当てはまるでしょうか?

僕は「バランスのいい食事」と言う響きのいい言葉を使って
栄養学を知らない消費者を
言葉巧みに惹きつけていると思うんです。

でも、実際には違いますよね?
自分で判断(「自分エコプロジェクト」)できるようになるために
「PFCバランス」って言葉を覚えておいて下さい。

|

« 巷に溢れる肉料理 肉料理って本当においしいですか? それでも肉を食べるならブランド肉を | トップページ | 保存料が入った食品ってどうしていけないの? LOHASな食べ物 地産地消 スローフードの薦め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/724038

この記事へのトラックバック一覧です: 「バランスのいい食事」って何だろう? PFCバランスと自分エコプロジェクトの薦め:

« 巷に溢れる肉料理 肉料理って本当においしいですか? それでも肉を食べるならブランド肉を | トップページ | 保存料が入った食品ってどうしていけないの? LOHASな食べ物 地産地消 スローフードの薦め »