« 遺伝子組み換え食品で食料不足問題は解消? | トップページ | 代替医療に偏見を持っていませんか? ナチュラルメディスン 伝統医学 オルタナティブメディスン 東洋医学 統合医学 »

火曜日, 6月 08, 2004

バーチャルウォーター(仮想水)と日本の食料自給率

「バーチャルウォーター」って言葉、聞いた事ありますか?

昨日、TVを見ていたら大学時代の先生が
4ch日本TVに出演していました。
「この番組、イイ番組だなぁー」
「民放がこういうの流すなんて珍しいなぁー」
何て思いながらベッドの上で横になって見ていたら・・・
中村靖彦さんが突然、出現!!

「あっ、先生!」って感じで
思わず飛び起きて座ってノートにメモを取ってしまったという状況です。

さて、『バーチャルウォーター』についてですが、
日本の食料自給率って知ってますか?
40%(割った)と言われています。
コレは先進国ではダントツの最下位。
第二次世界大戦前食料自給率が乏しかった
イギリスでさえ70%ほどあるんですよ。

以前、鶏肉1kgをつくのに4kgの飼料(エサ)となる穀物が必要。
豚肉だと7kg
牛肉だと11kgと書きました。

普通に「穀物」として人間が食べていればそこまで必要としない
量までを
肉として食べているんです。
無駄に肉食をする事は食料を無駄にしていると言う事なんですね。

そこで今回は「バーチャルウォーター」
これは食べ物を作るのにどれだけの水が必要か?を考えるものです。
例えば小麦を作るのにも水が必要ですよね?
その作った小麦を「飼料」として
家畜に食べさせ、
また飲み水を与えた場合、
どれだけの水が必要になるか?
それがバーチャルウォーターなんです。

牛肉だと300gで6000リットルが必要になるんですね。

先ほど、食料自給率を説明しましたが、
日本は世界中から食料を輸入しています。
これは言い換えれば
「世界中から水を輸入している」とも言えるんです。
数字にすると
「世界一の水輸入国である日本は640億トンも輸入している」事になるんです。

よく、「食料輸出国が日本への輸出を止めたらどうなるんだろう?」
って言われますが、
現実には「食料輸出国で水不足が起こったら・・・」
って考えるほうがより現実的な問題だと分かりますね。

|

« 遺伝子組み換え食品で食料不足問題は解消? | トップページ | 代替医療に偏見を持っていませんか? ナチュラルメディスン 伝統医学 オルタナティブメディスン 東洋医学 統合医学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/730968

この記事へのトラックバック一覧です: バーチャルウォーター(仮想水)と日本の食料自給率:

« 遺伝子組み換え食品で食料不足問題は解消? | トップページ | 代替医療に偏見を持っていませんか? ナチュラルメディスン 伝統医学 オルタナティブメディスン 東洋医学 統合医学 »