« 「バカの壁」著者 養老孟司(ようろう たけし)の「いちばん大事なこと」 | トップページ | インスタント食品は何が悪い? »

金曜日, 6月 18, 2004

自分エコプロジェクトの試み 

「自分エコプロジェクト」
これは僕、エコガイア多田福太朗の造語です。

何でこんな造語を作ったか?
それは地球環境問題ってなかなか身近な問題では無いですよね?
でも、早急に「サステナビリティー社会(持続可能な社会)」を
達成しないと
地球の温暖化を始め
今後の人類の存続に関わってくる問題なんです。

でも、こんな事を日々考えて行動なんてしていられない!
だって、忙しい毎日。
日々、時間に追われているのだから。

それに「持続可能な社会をつくるにはどうしたらいいの?」
「ゴミを分別すればいいの?」
「そんな大きな問題、一人では解決なんてできるはずない!」
そんな感じだと思います。

僕自身もほんのちょっと前まではそうでしたから。
「地球にやさしい!」って何すんねん?
ゴミの分別でOKなの?って。

でも、ちょっとした事をきっかけに
「自分エコプロジェクトを提案しよう!」って思ってしまったんですね。
で、
この僕が提案している「自分エコプロジェクト」ですが、
環境教育という円と
食の教育(食育)という円の
交差している部分をエコガイア 「自分エコプロジェクト」として
提案しているんですね。

つまり、環境に配慮した食生活です。
例えば
①穀菜中心
②有機野菜
③ポストハーベストの無使用
④スローフード
⑤身土不二、一物全体
などです。

その理由はバーチャルウォーターという考え方や
化学肥料の使用による
地盤沈下等が挙げられるからです。

でも、これらを知っていれば
「今、自分が食べている食品が身体と環境に
どれだけの負荷をかけているか?」を
意識し始めると思うんです。

少なくとも僕自身がそうでしたから。
環境問題は大きな問題である一方で
一人一人の知識ある行動(考え方の変革)を
取る事で
持続可能な社会が達成できると思うんです。

唯、今のままでは何も変わらないですね。
このエコガイアのページビューの伸び率が
ある意味で「バロメーター」なのかもしれないですね。

僕もしっかりしないと。
恐らく日本で初?
もしかすると世界初の試みでしょうから。

|

« 「バカの壁」著者 養老孟司(ようろう たけし)の「いちばん大事なこと」 | トップページ | インスタント食品は何が悪い? »

コメント

自分エコプロジェクトって良いですね。またこちらのブログも内容が濃くて驚きました。
これからも勉強させていただきます。
私も昨年末から少しづつスローライフとかロハスとかについて考えることを始めました。
都会で夜中まで働いている私達のような人種は、
ともすれば日々の生活のこと以外考えられなくなっていたりするので、
少しづつ考えることから始めようと思っています。
ゆるやかに・・ではありますが・・・。

投稿: 大樹勇魚 | 金曜日, 2月 11, 2005 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/789450

この記事へのトラックバック一覧です: 自分エコプロジェクトの試み :

« 「バカの壁」著者 養老孟司(ようろう たけし)の「いちばん大事なこと」 | トップページ | インスタント食品は何が悪い? »