« 栄養摂取量の最大限値 | トップページ | 主要先進国の自給率(単位:%) »

火曜日, 7月 13, 2004

ファーストフードの問題点

「ファーストフードはよくない!」と聞きますが
何が問題なのでしょうか?

幾つかあると思うのですが
①食品のトレーサビリティへの配慮が無い事→いつ、誰が、どこで、どうやって作ったか?わからない。
②大量の食品を産出するために酷使され、疲弊する農村と環境
③香料による人工的な味覚操作
④子供の嗜好を巧みに利用した商法
⑤人間と生命の摂理を無視した効率第一主義などです。

この中で何が一番問題か?
それは「香料まみれの味覚は、子供から大人まで人々を『味覚操作』してしまう事」。
さらに環境と共存する持続性農業、子供の味覚教育、生物多様性などが
無視されている事。

「人間の味覚は6歳までに形成される」
こんな事を聞いたこと、ありませんか?
3、4歳の男の子や女の子が
「ハンバーガーを食べたい!」とハッキリと言いませんよね?
だからこそ、
僕はまだ、育児どころか結婚さえもしていませんが
彼らを育てている20代、30代の世代が
しっかりとした『食育』をしないと
大変な事になってしまうと思うんです。

そんな思いがあるから
「LOHASなグルメ」、「自分エコプロジェクト」「食育」のすすめを
ブログ上で記載しているのです。

|

« 栄養摂取量の最大限値 | トップページ | 主要先進国の自給率(単位:%) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/955257

この記事へのトラックバック一覧です: ファーストフードの問題点:

« 栄養摂取量の最大限値 | トップページ | 主要先進国の自給率(単位:%) »