« 世界人口60億人の13%が飢えている。 | トップページ | 早稲田大学に田んぼが出現!? »

土曜日, 7月 31, 2004

「賞味期限」と「消費期限」 この違いは何?

期限表示がJAS法と食品衛生法に基づいて
ほぼ全ての食品に義務付けされているんですが、
「賞味期限」
「消費期限」
「品質保持期限」
の3つの表示があるのを知ってました???

「賞味期限」は
品質の劣化が比較的にゆるやかな食品で、
表示の期限を決めるのは食品の製造者。
微生物や食味などの検査結果を基に食べられる期間を決め、
安全を考慮して余裕を持った日付設定がされているんです。
具体的には
清涼飲料水や食肉製品、冷凍食品、牛乳など

「消費期限」は
期限を過ぎると痛みやすい食品が多い。
約5日以内で品質が急速に劣化する食品に付されるんです。
例えば
弁当、調理パン、惣菜、生菓子などで「生もの」に対するもの。

※「賞味期限」と「品質保持期限」は同じ意味なんです。

|

« 世界人口60億人の13%が飢えている。 | トップページ | 早稲田大学に田んぼが出現!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/1090698

この記事へのトラックバック一覧です: 「賞味期限」と「消費期限」 この違いは何?:

« 世界人口60億人の13%が飢えている。 | トップページ | 早稲田大学に田んぼが出現!? »