« 日本初・スローフード大賞受賞者 武富勝彦さんの13穀 | トップページ | 食物繊維とは? »

木曜日, 8月 05, 2004

人体と食物の構成成分~炭水化物はどこへ?~

我々の身体を構成している成分比率と食物から
摂取する各栄養素の比率を比較すると
おもしろいデータがあるんです。

男女の体構成成分比率には
若干の差異があり、
一般に女性は男性より
脂肪量が多く、
タンパク質、水分量が少ないんですが。。。

水分60%
タンパク質18%
脂質17%
無機質など4.5%
炭水化物0.5%なんですね。

でも、「食べているものは?」と言うと
炭水化物69.8%
タンパク質17.7%
脂質12.3%
無機質など0.2%なんです。

「じゃー、この食べた炭水化物はどこへ?」って思いますよね?
それは
炭水化物は体内でエネルギーに変えられて消失したり、
脂肪に変わって皮下などに蓄えられ、
あとは、脳のエネルギー源は炭水化物なんです。
だから、ごくわずかしか体内に残されないんです。

無機質は身体を支える骨の成分などとして
積極的に利用され、
ビタミンが体内に僅かしかないのは
生理機能を調整する「潤滑油」として働いているからなんです。

|

« 日本初・スローフード大賞受賞者 武富勝彦さんの13穀 | トップページ | 食物繊維とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/1125398

この記事へのトラックバック一覧です: 人体と食物の構成成分~炭水化物はどこへ?~:

« 日本初・スローフード大賞受賞者 武富勝彦さんの13穀 | トップページ | 食物繊維とは? »