« 炭水化物とは? | トップページ | ダイオキシンが体内侵入すると・・・ »

土曜日, 8月 07, 2004

環境ホルモンとは?

最近、「環境ホルモン」という言葉をしばしば聞きますよね?

でも、コレって新しい言葉では無いんです。
我々がこれまで日常生活で利用したり、
あるいは環境中に放出してきた化学物質が、
環境ホルモン(内分泌かく乱化学物質)として作用している事がわかってきたんです。

つまり、環境中に放出された化学物質には、
人間や動物のホルモンと同じような働きをするものがあり、
その作用が動物のみならず人間本来の生理機能(内分泌活動)を
かく乱させ、
肉体的にも精神的にも悪影響を及ぼしてしまう事が明らかになってきているんです。

代表的なものに
ダイオキシン、DDT、PCB(ポリ塩化ビフェニール)など。

|

« 炭水化物とは? | トップページ | ダイオキシンが体内侵入すると・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/1139598

この記事へのトラックバック一覧です: 環境ホルモンとは?:

« 炭水化物とは? | トップページ | ダイオキシンが体内侵入すると・・・ »