« 僕の長所・真骨頂~社会人になって5ヶ月~ | トップページ | 身土不二(しんどふじ) »

土曜日, 9月 04, 2004

医食同源(いしょくどうげん) 病気にならない身体づくり

『医食同源』という言葉、最近よく見かけますよね?

先日、僕は韓国料理店で見かけましたが。

さて、この言葉の意味って知ってますか?
僕流に訳すと、
『病気にならない身体づくり』
それは、病人の症状は、日常の食生活の乱れから現れていることを
意味しているんです。

日本人の多くの方が病気になった時に病院へ行き、
先生に診てもらい
処置をしてもらいます。
→世界で一番西洋医学に頼っているのは日本人!!
でも、ここに現れている症状の対処では、
根本的な解決になっていない。
それは『症状を治療した』という事で
その原因は何だったのか?
病人の日常生活にどんな問題があったのか?を
追求していないんですよね。

だから、『日常の食生活を見直すこと』
=『病気にならない身体づくり』
=『医食同源』なんです。

そして、今後の日本社会は
出生率低下による「高齢社会」になります。
それに伴い、医療費・社会保障費の増大です。
日本の赤字財政を考えても
国民一人一人の『病気にならない身体づくり』が必要に迫られているんです。

|

« 僕の長所・真骨頂~社会人になって5ヶ月~ | トップページ | 身土不二(しんどふじ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/1353246

この記事へのトラックバック一覧です: 医食同源(いしょくどうげん) 病気にならない身体づくり:

« 僕の長所・真骨頂~社会人になって5ヶ月~ | トップページ | 身土不二(しんどふじ) »