« 身土不二(しんどふじ) | トップページ | ドーピング問題と我々の生活環境 »

土曜日, 9月 04, 2004

一物全体(いちぶつぜんたい)

「一物全体(いちぶつぜんたい)」って知ってますか?

料理する時、大根の葉はどうしてますか?
皮はどうしてますか?

恐らく捨てていると思います。(僕もそうです。。。)

『一物全体』は
例えば大根なら葉や皮も全部あってこそ大根である。
だから全部を食べてこそ
初めて大根の栄養素を摂取することができるんですね。

そこで、問題になってくるのが
①化学肥料を使っているのか?
②農薬を散布しているのか?という点なんです。

つまり、今まで通り葉を取り皮を剥きと言うのなら
それほどでもなかったものが
「健康的になるために『一物全体』として全てを食べよう」と
するのなら、
直接、口の中に農薬・化学肥料が入ってしまいますよね?
だから『有機栽培』にこだわる必要性が出てくるんです。

体内に化学物質が入ってしまうとどうなるか?
それは精子数の減や
子供のアトピー患者の増、
本人を含めたアレルギーの増などが挙げられます。
→ダイオキシンを始めとした環境ホルモンと同じモノだと考えてもいいかもしれません。

|

« 身土不二(しんどふじ) | トップページ | ドーピング問題と我々の生活環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/1353298

この記事へのトラックバック一覧です: 一物全体(いちぶつぜんたい):

« 身土不二(しんどふじ) | トップページ | ドーピング問題と我々の生活環境 »