« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

木曜日, 3月 24, 2005

YEO 新しい目標を見つけました!

「YEO:Young Entrepreneurs Organization」って聞いた事、ありますか?
http://www.yeo.gr.jp/

先日、社長と話している時に
この単語、組織の事を知ったのですが。。。

この組織、なかなか魅力的!
参加資格は
①40歳未満
②売上高1億円以上
③起業家(創業者かつ代表経営者)なんだってサ。

なかなかハードルが高く
敷居が高そうな雰囲気プンプンですが
ちょいと、行ってみたいですね。

それもゲスト参戦だなんて、
ちゃっちぃ事を言わずに
近い将来、自分自身でキッチリ参加資格をもって
乗り込んで行きたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この時期に韓国へ行ってきました!

会社の研修で
20日~2泊3日で韓国へ行ってきました!

研修の方は
韓国での仕入れとか市場とかを
直に目の前で見れたので
大変勉強になったのですが。。。

それよりも気になる事が、
最近、マスコミで連日、
取り上げられている『竹島(独島:ドクト)問題』。

竹島問題は
島根県が「竹島の日」を制定した事に
韓国側が猛烈に抗議している!
デモやら焼身自殺が起こっている。
そんな内容なのですが・・・

でもね、僕が行っていた辺りが
偶然、安全だったのかもしれないけれど、
約3日間いて、
「危険」とか「ヤバイ!」とは感じられなかったんですよね。
っていうか、デモも見ていないし。

唯一、駅で赤のスーツを着たおっちゃんに
「お前ら、日本から来たのか?
それともBeijin(北京)からか?」
「Whose island?」って
突っかかってきた質問があったくらい。。。

3年前、小泉総理大臣が
初めて「靖国神社参拝」をした日に
偶然、ソウルに到着していたのですが、
そのときの方が「スゲェー」って印象が強く残っているんです。

あの時はソウル駅前や
市庁辺りでデモを2,3回みたし、
「歴史教科書問題」の抗議もやっていたんですよね。

でも、今回は見なかった。
街を歩いていても
道を尋ねたり
ごはんを食べていても
韓国の方にスゴクよくしてもらった。
TVで見るような「反日感情」は感じられなかった。

それに、僕や僕の周りの友人だけかもしれないけれど、
それ程、
「竹島問題」って関心のある問題なのかな?って思う。
逆に言うと、韓国人の同世代にとっても
どうなんだろう?

ちょっと年輩の方で、
『戦争』とか『植民地』を経験している方が
スゴク反発しているダケなんじゃないかと思う。
それにTVを見ていて思う事は
日本のTVって
韓国のマスコミが報道した事を
報道していると思うんです。

しかもそれが、一部の人たちの反発を
さぞかし大きく報道している。
そんな気がする。

騒いでいる人たちって
一部の一般人と
おもしろ、おかしく報道したい一部の韓国・日本のマスコミ、
それからノムヒョン政権というより、
ノムヒョン大統領、自身なんじゃないの?

両国とも大衆の多くは
それ程、関心、感情が無いのでは?
そんな風に思う。

いつだかのTV番組で
興味深いことを言っていたコメンテーターがいた。

「日韓友好で、
この問題は避けては通れない。
今まで先送りにし続けた結果が
今、問題となって浮き彫りになった。
でも、どっちの領土と争うよりは
21世紀型の決定を期待したい。
世界初の『両国の領土』でもいいのではないか?」
こんな内容だったと思う。

エアーで2,3時間の距離。
食べ物も食べなれている。
文化交流も進んでいる。
史上初めてのサッカーW杯2ヶ国開催も実施した。

しかし、なぜここで戦後60年も経って
再び「国境問題」で争う必要があるのだろうか?
確かに200カイリ水域、漁業権問題があるけれど
何か新しい解決の道を模索して欲しい。
そんな風に思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜日, 3月 18, 2005

携帯電話(ケータイ)

ケータイ電話をいつも携帯してますか?
『ウザい!』って感じた事、ありませんか?

今朝、慌ただしく準備をしたせいか、
めずらしくケータイ電話を家に置きっぱなしでした。
しかも電車に乗った直後に気付いたんです。

「あっ、ケータイがポケットに入ってない!」
「取りに行く時間もないから・・・
まっ、いいか!」で済ませたんですが。。。

普段、持ち歩いているケータイを忘れると
何かギコチないんです。
ちょっと手が空いた時に
いじれる物がないからなのでしょうが。。。
ケータイを持ち始めて
たったの6年ほどなのに・・・

でもね、ケータイを持っていないと
結構、スガスガしくも感じられたんです。
何か
『誰にも縛られていない!』っていう充実感というか・・・

海外へ行く時って
成田までは電波が入るけれど
出国してしまえば電波が届かないから
僕は、ケータイを持っていかないんです。
(壊れる、盗まれる、落とす、紛失する
という危険もあるからなのですが)

だから、海外にいる間は、
誰にも縛られていないというか、
『自分の時間』を一杯、感じられるんです。

ところが最近、
『海外でも使える!』を売りにしているケータイが
登場しているんですよね。
僕も、当初、『海外でも使える!』って聞いたときは
「スゲェー便利ジャン!
これで親から『何であなたはずっと電話してこないの?』って
怒られなくて済むワァー。」
「欲しい!!」って思いました。

でもね、ある時、友人から
「海外にいる時にまでケータイが繋がったら
『飲み会があるけど来ない?』なんて
かかって来たらウザクない?
それに『繋がる』となったら
友人だけじゃなくて、
親とか会社とかからジャンジャンかかってくるんだよ。」
という思いがけない一言で目が覚めたんです。

僕は「人の意見に流されやすい!」
認めます。

でもね、よーく考えてみると
世の中、全てが便利になったら
皆、ハッピーか?って言ったら
YESとは言えない事ってあると思う。

何か
「便利になったら
『誰もがハッピー』」って風潮があるけれど、
よく考えてみたら
「自分の時間がない!」
「拘束されている」って感じる事ってないですか?

デジタルはデジタルで良いところもるけれど、
アナログ文化も大事だなぁ~なんて感じるんです。

世の中、あらゆることが往々にして
『一長一短』。
最近、そんな事をよく思います。

全てが良いことばかりではない。
全てが悪い事ばかりでもない。
全てが良い面と悪い面が共存・同居しているって思う。


余談&夢を壊す?ような話ですが、
約1年半前に行ったサハラ砂漠にいる
現地人(交通手段:ラクダに乗っている方々)でも
ケータイ電話を片手に生活をしているんですよ。
僕は、この光景を目の当たりにして
目が点になりましたぁー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曜日, 3月 17, 2005

旅行雑誌・ガイドブック

先週末、地元に帰省した際に
思ったことがあるんです。

それは、しばらく帰らないうちに
「随分と変わっていくものだなぁ~」
なんて感慨深げに思いにふけてしまったんですね。

僕、旅行のガイドブックを読むのが好きなんですが・・・
(地球の歩き方はほぼ全巻読破→頭の中では世界一周をしたつもり:笑)
そう言えば・・・
地元の旅行雑誌(『るるぶ』とか)って読んだ事、無いんですよね。

と言うより、地元のガイドブックを
じっくり読む人っているんですかねぇー。

でもね、しばらく帰らないと知っているようで
知らない事って
結構、出てくるんですよね。
もしかしたら、地元にいた時から
知っているつもりだっただけで
見落としていたのかもしれないですね。

という訳で、
今度、『房総』特集の雑誌を買ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

火曜日, 3月 15, 2005

房総・白浜に帰省してきました。

今年になって初めて
日曜日・月曜日と連休が取れたので
実家に帰省してきました。

「ゆっくりしよう!」というよりは
ちょっと気になる事があって帰ってきたんです。
それは
「自分の家系図」だったんですが。

小さい頃~親戚に囲まれる事が多く
「この人は○○のおばさん。
この人は△△のおじさん。」と
そんな風に説明されても
全く分からなかったんですね。

いつも『一体、どれ位親戚という人はいるの?
そんなに一杯全ての人と付き合ってるの?』
そんな疑問があったんです。

で、今回帰省した際に
家系図を親に書いてもらったものの・・・
親自身も余りわかっていないような・・・(笑)

帰りの上京の際は
いつもバスの『なのはな号』に乗って帰ってくるのを
http://www.boso.net/guide/access/highwaybus.htmあえて『東京湾フェリーに乗船』という方法で
戻ってきました。
http://www.tokyowanferry.com/

実家に帰るのも
いつもと違う交通手段で
何度か乗り換えを交えると
「小旅行気分で楽しい!!」
そんな風に思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日, 3月 13, 2005

本当にやりたい事

2年くらい前に
「死ぬまでにしたい10のこと」
http://www.shinumade10.jp/main.html

という映画を見た。
ある時、主人公が突然、不治の病に倒れ、
医者から余命が言い渡される。
そして、残りの人生で遣り残した事を
リストアップし、次々に達成していく。
そんな話だったと思う。

すごく考えさせられた映画だった。

で、最近、この映画の事とか
自分の周囲での出来事とかを考えると
「オレが本当にやりたい事って何なのかな?」
って考えてしまう。
「10個リストアップしろ!」と言われると
その倍以上が出てくる。
コレって『本当に』やりたい事ではないんじゃないのかな?
唯、単に「興味があってやってみたいなぁ~」っていう程度なんじゃ
ないのかなって思うんです。

それに、
本当にやりたければ、
多少、危険が伴っても
多少、苦労しても
頭を使って
身体を使って
それを成し遂げるために
『努力』をしてやると思うんです。

でも・・・今のオレ、
そして過去のオレってどうなんだろう?
ブラブラと目的とか
「何が見たい!」とか決めずに一人で旅をしていた
その瞬間は
『すげぇーオモシレー』って思ったけれど←(本当に)
今、振り返ってみると、
「あの時、あの場所に行ったなら
何であそこに行かなかったんだよぉー。
『危険』って言葉にビビリやがって!」と後悔している。
そして、このブログにしても中途半端。
「とりあえずやってみるか」で始めたものの・・・
いいのか、コレで!!
趣旨が超ズレまくってる。

全てにおいて『戦略』とか『計画性』とかと無縁すぎた。
「やりたいからやる」で突っ走ってきたけれど、
もう少し視野を広げて
「コレをやるとこうなるから
コレもやってみよう。
ココにも行ってみよう!」って考えられなかった事に
反省している。

とにかく今の状況・心境を乗り越えないと
マズイ。
唯、何となくやっているのと
コレをしたい!
ココに行ってみたい!のとでは
『雲泥の差が出る』
そんな事を最近、ヒシヒシと感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日, 3月 06, 2005

目的を持つ

「あなたの夢・目標って何ですか?」

就職活動をする際、
お世話になった逆求人のAIMのスタッフから
「これは考えておかないといけないよ!」って
言われてから
今まで常に僕の頭の中にある。

そして、最近、この言葉の他に
「今、その行動を取る目的は何だろう?」って
言葉が頭の中に刻まれつつある。

僕も含めて
「世界一周がしたい!」って思ってる人って
多いと思う。
先日の大阪出張の際に
社長から
「世界一周がしたいというのは
わかるけど、目的は何やねん?
何が目的で行くのかを決めずに
ブラブラ行っても意味があるんかなー。
『何かを学びたいんだ!』って目的が
あるんならいいけどなぁー」って言われた。

何だかこの時、
すっげぇー納得してしまった自分がいた。
思わず・・・
「確かに・・・」と
過去の失敗が頭の中を駆け巡った。
そして
目的があって行動した事と
目的なしで行動したのとでは
答え・結果が違っていた気がした。
と言うより、
「あの時、
『コレを目的にしていれば・・・
必ずやっていたはずなのに』」と
遣り残している事が多い事に気付いた。

目的・目標と夢って似ているのかも
しれないけれど、
「自分は将来、こうなりたいから
今はこういう結果を残さないといけなくて
だから自分はこの行動を取るんだ!」と、
目的を明確にするって大事のように思う。

唯、漠然と
「やりたいからやる」では
自分の興味ある事、
自分の感性に頼っているだけでは
ダメなのかも。。。と思う。
「論理的に考える」って大事だと最近、考える。

オレ、結構、「直感」で行動してしまう方だけど。。。
反省しないとね。
でも、「直感」も大事だけどね。(笑)
論理的に考えるという割合を増やしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のR25

今週のフリーペーパー「R25」に
歌舞伎・相撲・寄席についての
記事が掲載されている。

僕も以前、このブログ上で
「歌舞伎・相撲・寄席に行ってみたい!
興味があるんですよね~」なんて
書いたことがあったんですが、
やっぱりR25にも記述があるとおり
「興味はあるけど
どうやったら見に行けるの?」って具合に
何だか敷居が高い気がしている人多いんだと思う。

僕もその一人なんですが・・・

でも、R25にこういう事が掲載されると言う事は
僕のような同世代で
『日本文化』にそれなりに
関心がある人がいるって事ですよね。

僕が関心を持ったきっかけは
海外へ行って
いろんな国の文化や宗教、民族ダンス
食事に触れていく中で
「ところで日本人なのに、
日本文化を知ってたっけ?」との気付きでした。
そして、
「キミは何の宗教なんだい?
日本人は何を信じているの?」の質問が
心が痛かった。

答えるときは・・・
「ブディストゥ・・・
うーん、でも違う。」
「ノー・リリジョン・・・」
って感じでした。

日本人が日本文化の事を知らずに
海外へ行くって
結構、恥ずかしい!って思ったのが理由です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »