« 発言力・言葉の影響力 | トップページ | アッという間の3連休でした。 »

金曜日, 4月 29, 2005

働くということ~日経新聞より~

今朝の日経新聞に興味深い記事が掲載されていた。

「働くということ2005~ホリエ世代 自由と焦燥~」
という記事。
この中で共感できる、
納得できる、
こうあるべきだと思う一節が
幾つかあった。

「会社は自分に必要な
『技』を習得するための
『器』」
「結果を出せれば何でもできる」
「長く同じ事やってる事が怖い」
「新たな刺激を見つければ
再び外に出すかもしれない。」


僕も最近(2月~)、本社勤務になり
会社での仕事が『仕事』と
余り思っていない時がある。

『勉強』
『学習』の連続。
毎日、出勤する度にいろんな仕事が
飛び込んでくる。
だから『同じ事の繰り返し』=『作業』が無い。

わからない事だらけの仕事だから
『勉強』という感覚に近い。
学生の時より勉強しているのではないか?
と思う。
事実、休日は図書館に篭りっぱなし。

でも、それがそれ程『苦』には感じられない。
すごく楽しい!

何故だろう?

やっぱり平日が手探りの連続だから
「勉強しないと!」っていう
気持ちが強いからかもしれない。

「会社は自分に必要な
『技』を習得するための
『器』」
コレには本当に共感できる。

しかし、かつての「年功序列型」を
経験している方は
「『下積みはゴメン』と先を急ぐ若者たち」
「『同床異夢』の集団」と揶揄する。

別に焦っている訳ではない。
唯、新しい発見、
新しい学び、
新しい気づきに関心があって、
『自分の力はどこまで伸びるんだろう?』
『自分の実力を試したい』
って思っているだけなんだけど。

時代の流れが早いから
情報量が膨大なご時世だから
「次から次へと
消化(勉強)していかないと
取り残されてしまう」って気づいた人達・若者が
多くなってきたって事だと思う。


|

« 発言力・言葉の影響力 | トップページ | アッという間の3連休でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/3911035

この記事へのトラックバック一覧です: 働くということ~日経新聞より~:

» 健康 [健康に関する情報]
あるある大辞典で放送されてから爆発的な人気のコエンザイム、アルファーリボ酸、エルカルニチン。この三つを毎日飲んでみました。たしかに体が軽くなったような気がします。運動しても疲れにくくなったかもしれません。しかしまだダイエットに効果があるかどうかは実感... [続きを読む]

受信: 土曜日, 4月 30, 2005 12:06

« 発言力・言葉の影響力 | トップページ | アッという間の3連休でした。 »