« 家に絵を飾ろうと。。。 | トップページ | 合羽橋(かっぱばし) »

月曜日, 7月 04, 2005

友人がミャンマーへ 僕はバングラディッシュに行きたいなぁ~

友人がミャンマーへ旅立った。

僕も「ミャンマーへ行きたい!」って希望している一人なんだけど、
「ミャンマーへ行く!」なんて言うと、
「何があるの?」なんて言われる。

別に何があるから「行きたい!」って訳じゃなくて、
恐らく多くの人が行ったことがなくて、
「ミャンマーと言うと・・・
アウンサンスーチーさんと
軍事政権」
くらいしか日本人は知らないと思うんです。

実際、「行きたい!」って言っている本人だって
何があるかわかっていないし、
『ミャンマー』って言う名前の『響き』がイイ!!
何かおもしろそうな感じがする。
そんな理由で旅立っていった。

それに、世界中に散っている世界遺産を見るのが
目的じゃない。
世界遺産には『寄る』けれど、
目的は日本では体験できない
「異次元空間で過ごす事」。
だから、「何があるから行く!」ではなくて、
人がそこに住んでいるから、
「多くの人が知らない、何かしらがあるだろうから行ってみる」
「何があるかは、わからないから行ってみる」
「行ってみてから考えればいいや」
そんな感じだと思う。

それで行ってしまって、
もし何か起こったら
「『自己責任』として諦める」ですね。

僕もこの夏、1週間~10日程、休みが取れたら
バングラディッシュに行こうと考えている。
ちょっと物価等を調べないといけないけれど、
バングラディッシュの国旗って知っていますか?
日本の国旗と似ていて
白の部分が緑に変わったダケなんですよ。
こんなユニークな国は無い!!

小さい頃~、「この国は一体、どういう国?」
「日本の親戚?」って
ずっと疑問に持ち続け、
将来、行ってみたいなぁ~なんて思っていたんですよね。

それに、隣国インドは「地球の歩き方」があるのに、
バングラディッシュは無い!んです。
って事は、
インド旅行者は多数いるけれど、
バングラディッシュは少ない!。
これは、なおさら行く価値があるかな~なんて思う。

また、こういう発展途上国の人々って
「生きる」事に一生懸命になっている。
そこに「楽しみ」を見出している。
これがすごく勉強になるんです。
僕にとっての「自己育成」です。

経済大国第2位の日本に住んでいる者が
世界最貧国の一つに滞在したら
相当な「カルチャーショック」を受ける気がするんです。
実際、初めてアフリカの地(モロッコ・タンジェ)に、
立った時、それまでに感じたことの無い鳥肌が立ったし。

日本って自殺者数が世界で一番(未確認)。
「何のために生きているんだろう?」って
多くの人が考えているんだと思う。
実際、僕もよく考えるし。

さらに、最近は、「全てから解放されたい!!」
「何も考えたくない!」なんて思う時もある。

そんな精神状態でも、
彼らの生活レベルを目の当たりにして、
でも、「一生懸命に生きている」を
感じると、
「オレも頑張らなきゃ!」って思うんですよね。

まっ、そんな事を求めて行くと、
結果的に、
その地、その地で何故か出会いがあって、
そこでまた新たな発見、気付きがあって、
面白い事が起こるんですよね。

まだ、行ったばかりだけど、
早くミャンマーから帰ってこないかなー。

どんな出会いが会って、
どんなおもしろいことが起こって、
どんな事を感じ、
どんな風に自分を見つめ直し、
新たなベクトルをどこに向けるのか?

そんな話が早く聞きたい。

とにかくこの方には、
常に考えさせられる。

僕に『宿題』をたくさん持ってきて欲しい。

でも、その前に
「無事に帰国される事を心からお祈りしています。」ですね。

|

« 家に絵を飾ろうと。。。 | トップページ | 合羽橋(かっぱばし) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/4820063

この記事へのトラックバック一覧です: 友人がミャンマーへ 僕はバングラディッシュに行きたいなぁ~:

« 家に絵を飾ろうと。。。 | トップページ | 合羽橋(かっぱばし) »