« 熱闘甲子園 | トップページ | 自分の店~「店」という勘違い~ »

木曜日, 8月 04, 2005

二人で旅するパートナー

最近、ハマッている高橋歩シリーズの影響が
あるのかもしれない。

最近、『二人旅』に関心がある。

一人で旅する楽しさ・醍醐味は大学時代に
十分に堪能した。
そして、これからも続けたいとも考えている。
唯、最近は一人ダケではなくて
新たな挑戦として二人で旅することも関心がある。

今まで、こんな気持ち・考えを持ったことがなかったのだけど。

社会人にもなったのに、
いつまでも
『学生の延長線上』を歩んでいていいものなのだろうか?
いつまでも、
『ワガママ』『好き勝手』『やりたい放題』はいかがなものなのかな?
いつまでも
『独りよがり』はどうなんだろう?
こんな事を考えている。

確かに、一人で旅するのって
スリリングで、
誰にも気にせず、
好き勝手できる。
自分自身とも正面から向き合える。
現地人になりきれる!ってのがおもしろい。

ダケドね、高橋歩に言わせると
「自分以外の人間と深く向き合って、
2人で一緒に旅をすることって大冒険。
お互いがお互いのこと理解しあうのって
膨大な会話と時間が必要。
それは2人のやりたいことも見たいものも、
好きなものも
金銭感覚も
体力も
思考回路も
価値観も
何もかも違うから。
だからこそ、2人で旅することに意義がある」んだと。

こんな事を言われしまうと
「やってみねば!」って思ってしまう。。

また、それまでオレ自身、
何よりも『自立』を強く意識していた。
だから「お互いに助け合って・・・」とか
フレーズが嫌いで嫌いで。。。
何だか、
「お互いがお互いのキズを舐めあってる」気がしていたんだよね。

ダケド、そろそろ方向転換なのかな?
「一人で旅する事は出来る」ことはわかった。
自己成長するために、
新たな挑戦!!
そんな風に考えている。

あとはパートナーをどうするか?を考えないと。

|

« 熱闘甲子園 | トップページ | 自分の店~「店」という勘違い~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/5302977

この記事へのトラックバック一覧です: 二人で旅するパートナー:

« 熱闘甲子園 | トップページ | 自分の店~「店」という勘違い~ »