« 敗北、惨敗 | トップページ | 棚からぼたもち??? »

日曜日, 9月 25, 2005

家業を継ぐ 27歳の決断

9月上旬、初めて「いとこ会(いとこ同士ダケの飲み会)」をやった。
小さい頃は、よく会っていたけれど、
それぞれが進学、大人になるに従い、
会う機会がめっきり減った。

自分なんて、親、姉妹でさえ
1年に1、2回程しか会っていない。

そんな経緯があって、
親、叔父、叔母抜きで
「いとこダケ」で会った。
この時も全員がそろった訳ではなかったけれど、
それでも久しぶりに話す機会には大変よかった。

その際、一番年上のいとこから衝撃的な言葉が発せられた。
「オレ、船(第一安房丸)に乗ることにしたから。
仕事も退職願を提出したし、
今月で辞めて、
船長の免許取得しに、尾道に行って来る。
親には反対されたけど、
決断するには、コレが最後のタイミングだと思ったから。」

僕にとってすごく衝撃的な一言だった。
小さい頃、遊びに行っては
野球をしたり、
キャッチボールしたり、
ゲームしたりして遊んでいた。
そして、好きなようにやりたいことをやって、
大学を卒業した。
そして、『家業を継ぐ』と決断した。

本当にあの瞬間、いろんな事がフラッシュバックし、
そして、頼もしく見えた。

そして、今日、広島・尾道へ
船長の試験を受けるための1ヶ月間の講習会へ旅立った。
東京駅に見送りに行ってきたけれど、
頑張って欲しい。

今、僕は親から
「好きにやりたいようにやっていい」って言われているのを
間に受けて
ホント『好き勝手』にやっているけれど、
いつか自分も
今回の従兄のような決断をする時が
来るんだろうなぁーなんて考えた。

オレも負けてはいられない!

|

« 敗北、惨敗 | トップページ | 棚からぼたもち??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/6104287

この記事へのトラックバック一覧です: 家業を継ぐ 27歳の決断:

« 敗北、惨敗 | トップページ | 棚からぼたもち??? »