« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

月曜日, 10月 31, 2005

絵画と味覚と年齢

2週間前の16日の日曜日に
渋谷にある画廊に絵画展を見に行った。
http://www.abg.jp/index.html

最近、絵画とか芸術に関心がある。

つい半年くらい前までは、
「絵画のイイ、悪いって意味がわからない。
一体、どこで判断するの?
美術館に行ったて、
『名画』と言われるモノを
見ても何も感じないんダケド」
こんな事を公言していた。

ところが、ある時、
「以前は、自分もそうだったケレド、
そのうちイイ悪いはわかってくるようになると思うよ。」とか言われ、
また
「イイ、悪いは誰かが判断したものを鵜呑みにするのではなくて、
『自分の好み』、
その絵を見て「好きか嫌いか?」
その価値基準で判断すればイイ。」とか
「美術館に行って
いくら絵を見ても、
そこにある絵は『名画』であって、
しかも周りにたくさんの人たちが見ている訳だから、
じっくりと見れない。
それよりは、画廊巡りをして、
『今現在、生きている絵』をじっくりと見た方が勉強になる」
そんな事を教わった。

そして、そんなアドバイスからあちこちの画廊を周り、
最近、感じることがある。

学生の頃、
「人間の味覚って6歳までに形成される。
だから特にこの期間は、インスタント食品ではない
『母親の味』を覚えさせないと大変なことになる。」と勉強した。

でもね、絵画とか芸術も同じなのかな?なんて思う。
ある画廊では、
「若い人はベタベタな油絵みたいな
『濃い』ものを好む傾向があるんだけど、
歳をとってくるとね、水彩画のような
『あっさり』系に人気が集まってくる。」んだと。

でも、コレって味の好みと似てない?
僕はまだ、水彩画は好きでは無いけれど、
(現在の僕の好みは『シルクスクリーン』)
水彩画を好きになり始めたら、
「歳をとったんだなー」なんて思う時が
いつか来るんだろうね。
少なくとも
「油絵は重い」って感じてるのだからー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曜日, 10月 27, 2005

世界一周デート~607日間のハネムーン~

1ヶ月くらい前に読み終えた本なのですが、
「世界一周デート 607日間のハネムーン」
http://www.sekai-isshu.com/top.htm

タイトルが
「おもしろそうだなー」なんて思って買ってしまったのですが、
読んでみたらなかなかおもしろかった。

ちょっと前まで
「一人で旅するのはそろそろ辞めて、
誰かと一緒(男女問わず)に二人で旅したいなー。」なんて考えていた時期があった。
何だか一人で
「出会い、出会い」なんていつまでも言っていてもしょうがなくて、
「オレはこういう考え方をしていて、こういう人間なんです!!
だから理解してくれなくてもイイからオレという人間を知って!!
だけど、オレもあなたという人間を理解できないかもしれないケレド
知ろうと努力するからー」
って感じの
『純粋に密度の濃いぃ~時間を過ごしてみたいなー』なんて考えていた。

上っ面ダケの仲間とか
上っ面ダケの付き合いとか
上っ面ダケの出会いなんて
どうでもイイ!!
『上っ面ダケ』の仲間なんて意味無いじゃん!!

たぶん数年前に読んだ「7つの習慣」が影響しているのかも
しれないけれど、
『同じ人間なのにお互いがお互いを理解する』って凄く難しいことだから
やってみたい、挑戦してみたいなー。

そしたら、「607日間のハネムーン」なんてタイトルを見つけてしまって、
読んでみたら
やっぱり「密度の濃いぃ~時間を過ごしました!!」
って感じてしまう内容。
羨ましいぃー!!

コレはちょっとやってみる価値はありそうだなぁーって思い、
とりあえず
「世界一周って一体いくらかかるんだ?」って疑問に思い、
調べて見ました。
そしたら意外と!?安く行けてしまうんですよね。

http://www.travair.jp/rtw/whatrtw.html

人生のタイミングをはかって本気でやってみようかしら。

って言うか、
こんなの出来るとか出来ないとか、
帰ってきてからの生活は?とか
難しく考えてしまうよりやってしまった者勝ちだしー。

あとは『密度の濃いぃ~時間を共有できる仲間』を見つけてこないとー。
『お互いがお互いの傷を舐めあう』、
欠点を言えない関係ダケはゴメンだけどー。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

木曜日, 10月 06, 2005

棚からぼたもち???

つい2週間ほど前、相当へこんでいた。
http://eco-gaia.cocolog-nifty.com/ecogaia/2005/09/post_d389.html

埼玉県ふぐ調理師試験に
真剣に取り組んだにも関わらず、
結果は不合格だったからだ。

しかし、それから2週間後、
信じられがたい事態が起きた。
8月中旬に受験した
「東京都ふぐ調理師試験」の結果が届いた。
合格だった。

ふぐ調理師試験の中で
日本で一番難しいと言われる東京都で合格。
ある意味で記念受験?って感覚で臨んでいただけに・・・

1カ月余りの受験勉強で
最初は全く信じられなかったけれど、
今日、合格通知書が届いた。

人生って何が起きるかわからない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »