« 食文化の違い? 活魚と活肉??? | トップページ | 2度の職務質問 »

土曜日, 11月 19, 2005

平家物語~今年も残り42日~ 

中学生の頃、国語の時間に
平家物語の一文、
「祇園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらわす。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。」
を暗記させられたのを覚えている。

昨晩、寝付こうとした時に
この平家物語が頭の中を駆け巡った。

アレは一体何だったのか?

振り返れば
今年もあと42日!!!!!
「ホント今年1年、いろんなことがあったなぁ~。」
「『出来過ぎ!』って言うくらいの結果が出た年。」
「自分なりに何をやってもうまくいった!」

最近、そんなことを考える事が多い。
年始に『こんなことをやりたいリスト』をつくったケレド
ほとんど達成、経験できたのではないかと思う。

恐ろしいくらいに充実した1年だったね。
確かオレ、今年『前厄』だったハズなのに。。。

こんな気持ちが心の中にあるからなのかなぁー。
平家物語が頭に浮かんできたのは・・・

『盛者必衰の理をあらわす。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。』

1秒、1分、1時間、1日、1週間、1ヶ月、1年・・・
ちょっとずつ年をとっているんだよね。
1瞬1瞬を大事に生きないと。

全く重たい言葉だよ。。。

さっ、あと42日。
全力で走りきらないと!!

|

« 食文化の違い? 活魚と活肉??? | トップページ | 2度の職務質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/7205154

この記事へのトラックバック一覧です: 平家物語~今年も残り42日~ :

» 建礼門院右京大夫 [いにしえに迷う   だて男  建礼門院右京大夫]
前途への希望にあふれ、幸福の真っ只中にあった人生の花の盛りを、突如として襲った余りにも痛ましい出来事。 愛する者の死。 それを境に、急転直下。 長いあいだ育んできた将来への夢を自ら捨て、あらゆる望みを絶ち、自己の内面との対話にのみ、生活感情を限定してしま... [続きを読む]

受信: 月曜日, 12月 12, 2005 12:25

« 食文化の違い? 活魚と活肉??? | トップページ | 2度の職務質問 »