« 肩書き | トップページ | ブログの併用 »

土曜日, 8月 19, 2006

感情表現・感情コントロール

感情を率直に表現できるってスゴイことだなぁーとは
普段から思っていることだけれど、
電話で感情を表現することって
相手が目の前にいる訳ではないから
非常に難しいと思う。。

特に、自分の怒りを伝えることは
非常に難しい。
オレ自身、短気で
すぐに『カッ』となってしまうことがあって、
電話ごしで怒りをブチまけてしまったことがあったけれど
本当に気をつけないといけないと思う。

唯、感情を表現できるってスゴイこととも思う。
最近、絵画を見るようにしているけれど、
絵画とか写真とか芸術全般にわたって、
これらって作者の感情表現そのものなんですよね。
その出来上がった感情表現の形が
絵画とか写真とか音楽に変わっていて、
それを第三者が見て
共感したり、感動しているんですよね。

唯、これらの作者って
普段を見ていないから
何とも言えない部分はあるけれど、
「感情に自分がコントロールされている」んじゃなくて
「自分が自分の感情をコントロールしている」んだと思う。

最近、思うのが
歳を幾つ重ねても
「自分の感情に任せて
怒りを爆発させる」のってブサイクだなぁーって思う。
明らかに「感情に自分がコントロールされている」って思うんですよね。

でもね、同じ怒るという行為でも
「落ち着いた?考えた?シナリオを作った?怒り方」はカッコイイと思う。
しかもそれが、
「感情を爆発させた、切迫感、緊迫感のある怒り」のように
怒られている当事者が感じられることは、
スゴイと思う。
それって、絵画とかの芸術と同じ世界なんだろうなぁーって思う。

どんなことが起きても
常に落ち着いて冷静になって考えられる心境って
大事ですね。

自分もそんな風になりたい。

|

« 肩書き | トップページ | ブログの併用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23767/11513085

この記事へのトラックバック一覧です: 感情表現・感情コントロール:

« 肩書き | トップページ | ブログの併用 »