« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

土曜日, 5月 26, 2007

言いたいことはいっぱいあるけれど、「とりあえず生きて帰ってきました。」

先程、20日から1週間の夏休みで
4泊7日で中東のUAEドバイ、イエメンから帰ってきました。

今回の旅は本当によかった。

社会人になってからも
一人で海外へあっちこっちへ行ったり、
出張で国内にあっちこっち行ったりしていても、
ここ数年で一番充実した時間を過ごせた気がする。

中東を一人で歩けたという「自信」が生まれた。
と言うのも、
この旅をする前に全く気にしていなかった「言葉の問題」にぶつかったのが
大きかった。

『英語=グローバルコミュニケーション』という図式が
勝手に頭の中にあって、
『英語を話せれば世界中どこへでも行ける』って勝手に思い込んでいた。
でも、コレって本当に間違っている!って痛感させられた。

イエメンの首都サナアでは問題はなかったけれど、
地方へ行ってから本当に苦労した。
それは、アラビア語の文字さえもわからない自分と
アルファベットの文字さえもわからないイエメン人。
当然、英語とアラビア語では話が通じるはずがない。

一体どうやって、コミュニケーションを取ったらいいのか?
本当に苦労した。

でも、そんな大きな問題に直面しても、
決して逃げ出した訳ではなくて、
なんとか乗り越えて、
生きて帰ってこれた!

僕にとってコレだけで十分。

大学2年の春、初めて長期で2カ月間、カナダでファームステイをした。
大学4年の夏、イタリアから入って、地中海沿いを電車で廻って、
フランス、スペイン、ジブラルタル海峡を渡って、
アフリカ・モロッコ、サハラ砂漠へ、そして、
スペインへ戻ってからポルトガル・ロカ岬まで行った。

この時と同じくらいの達成感が
今回、1週間という短期間で得られた。

今日はもう疲れているので、
1週間の出来事は明日以降に
記します。
→記しました。20日~26日
日ごとの掲載をしています。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本に帰って来ましたよ。   

5月26日
UAE時間2:50のフライトで日本へ。
オレにとって機内は基本的に睡眠の場。
でも、席間が狭い!
近い将来、ビジネスクラスで行けるようになりたい!って思ったね。

日本時間PM5:00頃、日本(名古屋)着。
中部国際空港の税関、スゲェー空いていて、
5:50JR名古屋駅行きの特急に楽勝に乗っていたよ。

しかも、今回の航空券には東京ー名古屋間の新幹線のチケットも含まれていて、
東京ー名古屋間って2時間かからないんですよね。
って事は、新宿から成田へ向かう時間と大差ないってことに今回気付いた。

中部国際空港、結構使い勝手いいかもぉー。

続きを読む "日本に帰って来ましたよ。   "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜日, 5月 25, 2007

イエメン旅行5

5月25日
10:05のフライトでドバイへ向かうため
7:00にホテルを出発。

UAE時間でPM2:00頃着。
日本へのフライトは26日のAM2:50
約12時間、ドバイ滞在という訳でトランジットで市内へ。
勢いよく空港へ出るも、暑い!

空港から市内行きのバスの中も暑い。汗が出る。

市内を歩くともっと暑い。
イエメンも暑かったけれど、
以前行ったサハラ砂漠に近いオーブンで焼かれているような暑さだった。
しかし、ドバイの暑さは違う。
夏の東京の暑さをもっとひどくした感じ。
太陽からの陽射しの強さ+アスファルトからの照り返しを感じた。

たまらず気温が落ち着く夕方までマックドナルドへ非難。

夕方、ゴールドスークへ行ってみると、
「ココはオレの来る場所じゃない!」って感じたから、
すぐにその場を立ち去って、
クリークをアブラで渡って、
バールドバイへ。

ここからクリーク沿いの景色を見ながら歩いて北上、シティーセンターまで歩いた。

かつて行ったロンドンのテムズー川のほとりを歩いているような感じだった。

空港内にシャワーがあって入った。
この旅の間、水シャワーでしかも、
サナアは標高が高いから朝・晩は気温が下がって長袖を着ていないと寒いほど。
日中との寒暖の差が激しい。
だからほとんど体が洗えていない状況だった。

本当に久しぶりのホットシャワーで気持ちよかった。

日本に居ては中々、こういう幸せも感じられないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曜日, 5月 24, 2007

イエメン旅行4

5月24日
この旅が始まって初めてAM9:00まで寝た。
約2時間ほど朝食をとったりしながら旧市街を散策。
また、暑くなってきたし、
何か疲れたから1Fのロビーで2時間程昼寝をしていたら・・・
何か日本語が聞こえてくる。
目を開けると、
2人の日本人の女の子がいた。
「あれ?日本人ですか?ここに泊まるんですか?」って声をかけると、
新市街の安宿に泊まっていて、
ここのホテルはYR100支払うと応接室で旧市街展望をさせているんだって。

それで、YR100支払ってすぐに帰るのがおしいからって事で、
応接へ移動して、
約3時間おしゃべり。
いろんな情報交換をしました。

この3時間の間にイタリア人4名のツアーも来られたよ。

この日本人の女の子達は
それぞれ別々に来ていて、泊まっているホテルが一緒だったんだって。
それで、街に女性が歩いているって事が少ないし、
イエメン人の女性は黒装束をまとっているから、
44de

唯でさえ外国人で目立つのに
肌の露出はタブーってことで、
黒装束を着ていた。

それを見て、何かいいなぁーって思って、
オレも再び旧市街へ繰り出して、
男性が巻いている赤のスカーフを買ってまいた。
すると、それ以降、それまで以上に受け入れられた気がした。
“文化をRespectするって大事だなぁー”って思ったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜日, 5月 23, 2007

イエメン旅行3

5月23日
タイズへ来た目的、それはケヒラ城から見下ろす風景。
9bb2
D732

だから、「ケヒラ城へ行きたい」と言えば、簡単に行けてしまった。


ところが、ケヒラ城からホテルへ帰る方法を考えていなかった。
基本的に英語が通じないところで、
ホテルの住所も、TELも不明ってことにケヒラ城に到着してから気がついた。
本当にアホだと思いました。

ケヒラ城へはムーサ門から1番のダッバーブで行けばわかっていたものの、
戻り方が簡単ではない。
「タイズへ行きたい!」と言って、
ダッバーブへ乗ったら、
今まで居たタイズとは違うタイズへ居ることに途中から気付いた。
「ここは違う。タイズステーションへ行きたい!」って言っても通じない。
ヤバイなコレ!
何かポケットの中に入っていないか?と思ったら
たまたまホテルのカギが入っていて、
アラビア語で書かれたキーホルダーが付いていた。
これが何て書いてあるかはわからないけれど、
どうせ言葉が通じないのだから、
とりあえず、見せてみると、
何やらアラビア語で話かけてくるが、理解できない。

結果的には、ホテルまで送ってくれた。
一度、ホテルへ戻ってきてから、
AM10:00、首都サナアへ向けてダッバーブで出発。

途中、イッブ経由でジブラへ。
ここには、イエメンで一番美しいと言われるアルワ女王のモスクがある。
また、中世のような町並みと言われるからには
見に行かなくては!ということで寄ってみました。

モスクの中には入れなかった。
写真を現地人に撮ってもらいました。
Fcd8
Ac23
Ae0b

でもね、「オマエはムスリムか?」って尋ねられて、
「そうだよ!」って答えたら入れてくれるのかな?って疑問に思った。

再び、イッブへ向けて出発。
イッブで昼食とって、サナアへ向かう。
食堂で「サナアへ行きたい」って言うと、
隣の席で食事をしていたイエメン人が
サナア行きのダッバーブ乗り場まで
バイクで2ケツで連れて行ってくれた。
バイクをヒッチしてやったよ。

ダッバーブでイッブから揺られ続けて
PM7:00頃、ようやくサナアへ戻ってきました。
何か感動的でした。

旧市街へむかって、イエメンスタイルのホテル「オールド・サナア・パレス・ホテル」へ。
今回の旅のメインは、サナアの旧市街の光景を見る。
1dee

イエメンスタイルのホテルに泊まる。
1泊US$10。
イエメンスタイルのホテルの部屋は・・・
「畳の敷かれた和室に布団がある。」ってのを
じゅうたんに布団が敷いてあるに変わっただけで、
余り・・・
唯、建物は歴史が感じられたし、
部屋から見る旧市街の夜景は素晴らしかった。
その上の階には応接室があって、
そこから見る景色もよかった。
屋上へ上がるとさらによかった。
唯、このホテル、部屋に蚊がいっぱいいるのが痛かった。
殺虫剤をもらったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜日, 5月 22, 2007

イエメン旅行2

5月22日
昨晩は、疲れていてビールも飲んでPM10:00には寝ていたため、
今朝はAM5:00には起きてしまいました。
ホデイダという町、「とにかく暑い!」と聞いていたので、
どこまで暑いのか?ちょっと興味があったから来た!というのも事実。
でも、本当にマジ暑!だったら観光を出来なくなってしまうのはヤバイから、
早く起きて早朝に観光してしまおうと作戦を立ててもいた。
あと、「フィッシュマーケットが有名」ってのもあったから、
「市場は早朝」という日本の慣例に則って、
早朝から、フィッシュマーケットへ行ってきましたよ。
22b7

E867
6182


途中、紅海を右手に見ながら、行ってきました。
Koukai2

フィッシュマーケットは凄かった!
人、人、人・・・・・・・・
日本の市場と同じく「殺気」があった。
市場と言っても、港に魚がつく!って感覚だから
大そうな建物がある訳ではないけれど、
イエメン人の食卓がちょっと垣間見れた。
市場に露店が出ていたから漁師に混じってスナック?軽食を取った。

AM9:00を過ぎると、太陽の陽射しが強くなってきて・・・
「暑い・・・」
って事で、急いでホテルへ戻る。
その途中、道路の端で家族で食事をしている光景を目撃。
すると、一組家族が
「コッチ、コッチ!」って手招きをしている。
「何かおもしろそう!」って思って
近づくと・・・
いきなり「パンを渡された。」
8aa6


これはきっとアラビア語で「ご飯、食べて行きな!」って言ってると思って
一緒に混じって食べた。
あとで、地球の歩き方で調べたら、それは「サマク」という食べ物で、
魚をトマトソースで煮込んで、パンにつけて食べるってのだったんだけど、
おいしかった。
このイエメン旅行で、この時に食べたのが一番おいしかったかも。

昨日、パーミットを取ったもののコピーを取るのを忘れていたので、
ホテルへ帰る途中、「写真屋に行けば、コピー機はあるだろう?」って思って、
写真屋で交渉して、コピーを5枚取った。

AM10:00を過ぎると、とにかく暑い。
これはたまらん!!!!!!という訳で、
イエメン・第2の都市、タイズへ向けて移動。
バス乗り場へ行くと、「今日は満席!明日のPM2:00」って言われても、
こんな暑いところに居たくもないし、既にやることもないから
何が何でもタイズへ向かいたい!って言うと、
「乗合タクシー(ダッバーブ)」って方法を教えてくれた。

これがまた人悶着起きてしまって、
オレが「コーハへ行ってから、タイズへ行きたい」って言ったら、
「OK!」って言ったのに、
何せ、英語が多少わかる奴はOK!って言っても、
ドライバーは英語どころかアルファベットもわからない。

コーハという町へ行くにはヘイズという町が途中にあって、
ヘイズを超えて真っ直ぐ200km行くと、タイズ。
ヘイズを右にまがって、30分くらい行くとコーハ。
それで、このドライバーがコーハまでは連れて行ってくれた。
コーハからヘイズまでもすんなり連れて行ってくれた。

失敗したのは、ここから。
コーハからヘイズへ戻る途中、ドライバーが「お腹すいた!」って言うから
ヘイズで昼を食べると
コイツが急に気が変わり、
「ヘイズからタイズへはこっち方面で、
ここのタクシー乗り場で乗り継げ!」って置いてかれたよ。

このヘイズという町、ほとんど砂漠のど真ん中にあって、
「とにかく暑い!」
しかも、最悪なのが「英語をわかる奴が誰一人いない。」
ちょっとヤバイ!って本当に思ったね。
88ea


4泊7日で来ていて、
ヘイズ周辺にホテルらしきもない。
しかも、タイズ方面、ホデイダへ戻る方面、両方とも
車の行き来が少なさそう。って言うか、ここへ来るまでに満席になっていて乗れない!

タイズへ行ったとしても、
サナアへ戻るにはほとんど1日を要する。
ホデイダへ戻ったとしても、
サナアへ戻るにもほとんど1日を要する。

「このままヘイズに居たら、観光どころか予定通り日本に戻れないんじゃないの?」
って思ったね。

で、何とかって言うか、必死にタイズへ行きたい!って言ってたら、
ようやく車が見つかって、
でも、このようやく乗れた車も、
タイズへ到着する30分ほど前でまた、降ろされて
「こっちの車に乗れ!」って、
また乗り継ぎ。

どうやら、地方と地方との間には
派閥というか、部族間に何か上下関係みたいなのがあるらしいってのはわかった。

PM6:00頃、タイズ着。
まず、ホテル探し。
地図を開いて、今、自分がどこにいるか?確認しようとするも
英語が通じない。
「郵便局はどこ?」
「イエメニア航空のオフィスはどこ?」
「警察は?」と聞いても、
「?????????」で返ってくる。

しょうがないから、
「安いホテル」をアラビア語で連発して、
教えてもらったところに泊まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜日, 5月 21, 2007

UAEドバイ・イエメン旅行

5月21日
日本(名古屋)を20日のPM11:00エミレーツ航空で発って、
日本時間AM9:00 ドバイ時間AM4:00着
ドバイ空港で約3時間のトランジット。
特にやる事なし。
空港は24時間空いているから
乗り継ぎ待ちで人があふれかえって、
ひっくりかえって寝ている。
7:05の飛行機でイエメン・サナアへ
イエメン時間9:00着。
パスポートコントロールを終えて、
まずは市外へ出るために必要となるパーミットを取りに市内のツーリストポリスへ。
また、このツーリストポリスを発見するのが大変!!!!!
現地に着いて気づいたことは、
①英語が通じない(会話)
②アルファベットが読めない、だから単語が通じない
③地球の歩き方に記載のツーリストポリスが引越ししていた。→探そうにも地図がない。

たまたまサナア市内をウロウロしていたら日本人の男性を発見。
日本人宿へ一緒に行き、
最新情報を収集し、
ようやく辿り着きました。

パーミットを取ったら、
当初の予定通り、
イエメンの西部、紅海沿岸の町、ホデイダへ移動。
サナアからバスで約5時間、PM7:30頃着。
隣の席にいたイエメン人から嗜好品のカートをもらった。
カートの味は草でした。。。
我慢できず、すぐに吐き出しました。

ここの町のホテルは全体的に高い気がする。
数件まわったものの、
YR2000が一番安かった。

夕食はホテルの近くで取ったが、
夜なのに「暑い」から
「ビールが欲しい」。
でも、ムスリムの国だから・・・大丈夫かな?って思いつつも、
“Do you have beer ?”と恐る恐る尋ねると・・・
ビールが出てきました!!!!!!!

いきなり初日から掟破り。

ホテルへ帰って、テレビをつけて見ると、
アラビア語でよくわからないものの、
「ビールのCMをやっている!」
??????????????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日, 5月 20, 2007

中部国際空港

2、3年前から行きたかった、中東。
これからUAEのドバイ、イエメン・サナアへ行ってきます。

ちょっと前に、
友人が関空からモロッコへ行った際、
「何で、成田が近いのにワザワザ関空へ行くのか?」と疑問に
思ったけれど、
今、安く中東へ行くための手段として
中部国際空港に来ました。

イエメン、ドバイどんなところなのか?
スゲェー興味があったけれど、
出発を前にして、
来年のことも考え始めている。

少しは落ちついて
先進国と言われる国で
文化芸術も嗜むこともおぼえようかなぁーと。

では、では行って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曜日, 5月 10, 2007

感性を磨く~ナンタ~

昨日、社員旅行先の韓国・ソウルから帰国しました。

今回の旅行期間中、ブロードウェーイでも開催されている
ミュージカルのナンタを見に行ってきました。
http://japanese.tour2korea.com/04Bookings/Performances/seedetails.asp?oid=16&kosm=m4_2&konum=2

すごくよかったです。
「海外でミュージカルだなんて・・・
言葉がわからないのにどうするんだ!」って思うかもしれませんが・・・
それが、
「コミュニケーションに言葉は関係ない!」って気付かされました。

ミュージカルと言っても、
ほとんど言葉を発せず、
パフォーマンスがメイン。

それでも、言おうとしていることが
見ている観客に伝わるんです。

あとは、先日、新宿紀伊国屋のサザンシアターで
産隆大学応援団の舞台
http://www.sanryu-ouendan.com/index.htmlを見たんですが、
こちらの方とも
共通して言えるのが、
見ている観客も
一体感にさせる力のすごさも感じました。

舞台っていいなぁー。
本当にそう思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜日, 5月 08, 2007

初体験!韓国式マッサージ

6日から社員旅行で韓国、ソウルへ来ています。
昨日、今日と2日続けて
韓国式マッサージをやってきました。

「ありえない!!!!」って箇所を
ボキボキならされました。

やっている途中も
「いてぇー」
「あちぃー」と
絶叫しまくってきました。

終わった直後も
「スッキリ!」
というよりは
「体がオモーイ」って感じでした。

でも、数時間後は
体が軽くなっている気がします。

今回は韓国式マッサージデビューの旅行でした。
これからのライフワークは
世界中の代替医療を体を張って体験して報告するってのも
おもしろい!!かもぉーって思いました。

明日、帰国します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

土曜日, 5月 05, 2007

病んでいます。。。

多分、精神的病んでいます。

GWに入ってから
悶々と考えています。
「おもしろいこと、やりたいこと、やらなければいけないこと」って何だろう?って
結構、真剣に考えています。

「今、自分がやっている事って本当に【やりたいこと】なのか?
それとも【やらなければいけないこと】なのか?」
自分にウソを付きたくないから、
少しずつ整理しながら
分類していこうかなぁーって思います。

先日、会社の上司・同僚らと渋谷で飲んでいて、
明け方の3:00に「マッサージへ行こう!」って話になった。
明け方の3:00にマッサージだなんて、
初めての事だから、
一体、どんな所に連れて行かれるのか?と思ったら、
『アーユルヴェーダー』のマッサージでした。
http://masu-asian-relax.com/

アーユルヴェーダーって南インドのケララ州が本場で、
昨年の夏休み、勢いで行ってしまいました。
だから、久しぶりで懐かしく感じました。

でもね、話しはここで終わりじゃなくて、
ここの『アーユルヴェーダー』マッサージを経営していたのは、
自分より年下の25歳の女の子社長。
従業員も妹さんで22歳。
そこに男性スタッフ1名。

「自分がやりたいからやる」って気持ちを感じた。
と同時に、「オレは一体、何をやってるんだろう?」って
何か、この方々と相通じるものを感じると共に
自己反省・自己嫌悪になった。

いっつも、何だかんだ自分に言い訳しながら、
結局、【サラリーマン】になってんじゃん!って思った。
オレはコレでいいのか?
この現状で満足なのか?

自分が今、抱えているものは
『やりたいことなのか?やらなければいけないことなのか?』
自分自身に正面から向き合って
真剣に考える必要性を感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

木曜日, 5月 03, 2007

アタマを冷やしてきます。

昨日、mixiをいじっていたら
友人の日記に「離婚」とありました。

何だか、よくわかんないけれど、
何故かすげぇー凹みました。
まるで自分がそうなってしまったかのように。。。
最近も、会社の中でそういうことが起きた時は
そこまで凹んだわけではなかったのに。

何だか最近、気分の浮き沈みも激しい気がする。
精神的に病んでる気がする。

先週末も
「オレの存在意義って何なんだろう?」
「学生はいいなぁー。」って
悶々と考えこんでいました。

コレが「ストレス」って奴なんでしょうか?

来週の6日から3泊4日で韓国へ社員旅行。
15日からは2泊3日で北海道出張
20日~夏休みで中東のUAEドバイ、イエメン・サナアへ
行ってきます。

ちょいと東京を離れて、アタマを冷やしてきます。
自分自身を見つめ直してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »