火曜日, 4月 08, 2008

奈緒子

今年の2月、長崎県の知事や職員の方々と
一緒に仕事をする機会があった。

その際、「奈緒子」という漫画が話題にあがった。
http://item.rakuten.co.jp/book/5067179/

あれから約2か月が経過した昨日、
「奈緒子」を読んだ。
僕は普段、本は読むけれど
漫画は読まない。

そんな自分が、この漫画に感動させられた。
すごくよかった。
漫画を読んでいるのに
泣きそうになった。

ぜひ、皆さん読んでみて!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日, 4月 06, 2008

南房総市

久しぶりに実家に帰ってきました。
昨年の6月以来です。

昨日かな、春の高校野球が終わった。
今回、21世紀枠で地元の安房高校が初出場。
まぁ、母校じゃないし、
東京で仕事に追い回されているから
そこまで熱心にはなれなかったけれど、
でもどこかで、気にはなっていた。

久しぶりに実家に帰ってきて、
合併して「南房総市」
http://www.city.minamiboso.chiba.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
って新たな名前の市に変更になっていて
とは言ってもちょっと前のことなんだろうけれど
何か違和感を感じたね。

福祉とかを考えると、
『合理性』を求めるとこういう結論にならざるをえなくなるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日, 8月 05, 2006

柔軟体操

今年に入った位から
身体が異常なくらい硬くなっていることに気が付いた。

恥ずかしい話、
朝、起きて靴下を履くのが辛かったんです。。。
それも身体が今までに感じたことのない位
硬くなっているのが原因で。。。

で、「このままじゃ、マズイ。
オレは一体、何歳くらいの身体なんだ!
柔軟体操をしよう!!!」って思いつつも・・・
毎度の事で放ったらかしでした。

でも、さすがに日に日に硬くなっていることが
わかっていたので、
今週の火曜から柔軟体操を
毎朝10分程度開始したんです。

そして、今日で4日め。
効果が出ている事はわかっていたけれど、
今、立位体前屈をすると、
手の先がつま先につくようになっていたんです!!!!

確か・・・月曜の朝は
手の先がひざ位までしかいかず、
『ヤバイ』って思ったのですが。。。

まぁー、今回の事でわかったことは
『やり始めるまでの踏ん切り、勇気と継続力』って大事ってこと。

本当になかなか踏ん切りがつかなかったんですよ。

それから、高校までは
定期的に体育の授業があったけれど、
社会人になったら全く無い。
だから自分から「意識」して身体を動かさないといけないですね。

TVとかで、「あなたの身体力は50歳!」なんて
笑っていたら、
いつの間にか自分が該当者になってましたから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

月曜日, 2月 20, 2006

あなたのご職業は何ですか?

一昨年、プロ野球界に
東北楽天ゴールデンイーグルスが誕生した。

その頃、オーナーの三木谷さんがあちこちのテレビ番組に
出演していた。
そして、
ある番組のパーソナリティーから
「ところで三木谷さんのご職業ってなんですか?」
こんな質問が投げかけられた。
すると
『経営者ですかね』ってお答えになられていた。

その頃、僕は
「それ、職業か?」って疑問に感じたのを覚えている。

だけどね、最近、何だかその意味が
ぼんやりと分かり始めているような気がする。

「オレ、毎日何かに追われているように
忙しく、慌ただしく
一日一日を過ごしているけれど、
オレはそれでいいのか?
それで満足していていいのか?
確かに毎日、毎日が充実していて楽しいけれど、
それでいいの?」って考える。

今日、久しぶりの休みで
「オレは一体、どうしたいんだ?
小さい頃~やりたい!って
思い描いていた事って何だったっけ?」って
ボンヤリしていた。

そしたらヤッパリ
小さい頃
小学生の頃~
言葉では表現できていなかっただけで、
『経営者がやりたかったんだよね。』

で、今もその気持ちは変わってないなぁ~
なんて改めて気付いた。

少しでも早く
「あなたのご職業はなんですか?」って聞かれた際には
『僕の職業は経営者です。』って
答えられるようになりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日, 9月 10, 2005

日本人としてのアイデンティティー

サッカーの日本代表戦には
多くの方が興味を持っていると思う。
僕もそのうちの一人だけど、
それまで余り関心のなかった
オリンピックの各種競技や
世界選手権にも関心が広がってきている。

今年は、世界水泳や世界陸上、
そして現在カイロで行われている世界柔道が開催されている。

テレビ越しで見ながら
会ったことも
話したことも無い日本人選手に向かって
『日本ガンバレ!』って力が入っている。
そんな時、オレやっぱり日本人なんだぁーって気付く。

本で読んだのか?
テレビで見たのか?
誰からか聞いたのか?忘れてしまったケレド、
アジア(東南アジア?)のある国は、
自国の選手が敗れてしまった時、
同じアジアの国を我が国の選手のように
応援すると言う。。。
「同じアジア人だからガンバレ!」
「おまえらは同じアジアとしての誇りなんだ!」
そんな気持ちなんだと。

ダケド、日本人が
「同じアジア人だからガンバレ!」って応援することって
なかなか無いと思う。

コレって
「アジア人としてのアイデンティティーがあるか?
無いか?」ってことだと思う。
我々、日本人って
哀しいことにそんな目線で、なかなか考えられないですよね?

広い視野を持って、
大きな心を持って応援するって大事だなぁーなんて思う。
将来、ひょっとしたら
『宇宙選手権』って開催されるかもしれないですし。
その時は、
「地球人としてのアイデンティティー」が必要なのかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金曜日, 9月 09, 2005

10年前の夏、そしてこれからの10年

夕食を食べながら
「俺、10年前の今頃は
何をしていたんだろう?」ってふと頭の中を過ぎった。

年明けの2月には25歳。。。
中学を卒業して
もう10年も経っているんですよね。。。
歳を取るのって本当に早いんですね。
何だかそんな現実に恐ろしさを感じた。

10年前の夏、僕は野球に没頭していた。
「最後の大会」で
部活にかけていた。
そして、その夏、僕らは地区大会を15年ぶり?に
勝ち抜いて
千葉県大会でベスト8までいった。
僕はそのチームのサードを守っていた。
今振り返っても、
「あの頃は輝いていたなぁー」って思う。

あれから10年。
母校はどうなっているんでしょうか?
それから、オレはこの10年でどれくらい成長したんだろうか?
思い通りにいっているんだろうか?
10年前が絶頂で、
それからは下り坂を下っているって事はないだろうか?
そして、これからの10年はどんな風になるんだろうか?
10年後の夏、
オレは何を考えているんだろう?
何をしているんだろう?

それにしても、この10年間はアッという間だった。
もたもたしていると
また『アッ』という間に35歳だよ。
何か手を打たないと。

夕食を一人で食べながら
こんなことを考えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜日, 8月 03, 2005

熱闘甲子園

そろそろ
「夏の高校野球 甲子園大会」が始まる季節。

先週くらいから、
ちょこちょこ『速報!甲子園への道~地方大会~』
http://www.asahi.co.jp/sokuho/
を見ている。

1回戦から
強豪チームや優勝候補とあたり、
コールド負けや、
決勝でも大差で敗れているチームを見る。

それでも、彼らは
彼らなりに3年間の思いを込め、
『全力で』プレーしている姿を見ると、
「オレも頑張らないと!」なんて思う。
心がうたれる。
自分自身の状況に
ついつい照らし合わせて見てしまっている。

今月の11日と25日に
東京都と埼玉県のふぐ調理師免許の試験が
控えている。
正直、悔しいケド『合格』は厳しい。。。
って痛感し始めた。
特に今日。。。
「受けずに逃げ出してしまいたい!!」なんて思う。

でも、創設間もない野球部が
1回戦で優勝候補Aシードチームに当たるからって
逃げ出したりはしないんだよね。

結果的に「歴史的大敗」になっても
彼らなりに一生懸命に頑張っている。
決して戦う前~
『白旗』は振らないんだよね。

勝負は下駄をはくまでわからない。
最後まで、『全力で』挑みたい。
後悔ダケはしたくないから。
次に繋げるためにも、
「諦め」で終わらせる訳にはいかない。

頑張れ、オレ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜日, 7月 12, 2005

闘魂三銃士 橋本真也

今日、午前、元新日本プロレス、闘魂三銃士の
橋本真也さんが亡くなられた
というニュースが流れた。

自宅で倒れ、そのまま心肺停止だったらしい。

僕の世代って
『闘魂三銃士全盛時代』。
プロレスの主役、
メインを張っていたのは、常に闘魂三銃士だった。

それ故に、スゴク寂しい!

5,6年前から
各々が別の道を歩み始めた。

ゼロワンを立ち上げた橋本真也、
全日本プロレス社長:武藤敬司、
黒いカリスマ蝶野正洋、
3人が同じリング上で
戦っている姿が
もう一度、見たかった。

数年前の8月に亡くなった
アンディ・フグ以来の衝撃だった。

あんなに身体を鍛えている
格闘家が、余りにも簡単に亡くなってしまう
なんて信じられない。

ご冥福をお祈りいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

月曜日, 4月 25, 2005

発言力・言葉の影響力

最近は!?余り聞いていない気がするが、
たびたび政治家の「失言」が取りざたされる。
それは、一人の個人としての意見ではなくて
公人の一人とか
政府の考え的に取られかねないからだと思う。

僕は全く発言力とかを持っていないから
こんな風に好き勝手な事を
感情任せに
『ブログ』という形で書いても
誰からも批判されない。
だから、「すっげぇー幸せ!」なんだろうなって思う。

先ほど、フジTV系の『EZ TV』を見ていた。
その中の一つのコーナーで
「アメフトに挑戦するため
TBSのアナウンサーという職を捨てた
有馬元アナウンサー」の特集を組んでいた。

彼は「日本にもっとアメフトを普及させたい!」
という夢があるのだとか。
それで、大学まで続けていたアメフトを
もう一度挑戦したい!
そんな風に思い、
不規則な生活のアナウンサーを退職し、
自分が望んでいたアメフト中心の生活へ。
しかし、一方で生活は火の車なのだと・・・
「でも、後悔していません!
今の自分を大切にしたかったから」ってハッキリ言っていた。
また、相談をもち掛けられた父親も
「自分が出来なかった『自分の人生の開拓』を
挑戦してみなさい」と即答したという。

この特集の締めくくりで
一人のコメンテーターがこんな事を言っていた。
「夢を追いかける事だけが、
自分を大事にする事ではない。
人、それぞれ『自分を大事にする』ものがある。」

この言葉に「素直」に納得してしまう自分と
「納得してはいけない!」と思う自分の
2人がいた。
人それぞれ、十人十色いろんな考え方があってイイと思う。
唯、マスメディアの影響力は
大きいものがある!って感じてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水曜日, 2月 16, 2005

中尊寺ゆつこさん死去

先日、友人と話していた際に
「そういえば、中尊寺ゆつこさんが亡くなったんだよね」と
いう話が出てきた。

全くそのニュースを知らなかったという訳では
ないけれど、
ショックだった。
というのも、
いつの日の朝か、TVを寝ぼけて見ていた際に
『中尊寺さんが亡くなった』と言うのを聞いていたからだ。
でも、その一回だけしか聞いていなかったし、
それに
「40代でしょ?
そんなハズあるわけが無い!
あれは寝ぼけていただけだったんだ。
夢だー」って
思い込んでいたんですよね。

そしたら今になって・・・
実は現実だった。
って突きつけられると
ショックが大きい!

コレも勝手な独りよがりなんだけど、
『スゴク身近な存在』と感じていたんです。

特に著書の『アフリカン・ネイバーズ』は
僕がアフリカに行ってきてから読んだだけに
「この人はココにも行ったんだー」
「今度はココに行ってみたい!」って具合に
姉貴分的な存在だったんです。

それ故にショックでした。。。

ご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)